×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ハートラウンジ ライトラウンジ 占い広場 リンクの街 掲示板類
東洋六十干支(六十花甲子)
空亡六類型系チャート
(四柱推命・算命学・万象学・0学・六星占術)
 (お星様をクリックすると、フレームページの場合、フレームが外れます。)

今度は六十干支(六十花甲子)を基準にした占いの対応チャートです。

六十干支を使った占いは、東洋系ではとても多いです。
これはもちろん、対応可能と個人的に思えるシンボル同士をチャートにして見ただけですが、日干六十干支を類型の基準にした占いなどは、ほとんど直訳で対応しています。

つまり同じ日に生まれた、まったく同じ人の事を、四柱推命では戌亥空亡と言い、算命学では戌亥天中殺、六甲法では北甲命、0学では土王星、六星占術では土星人と言っているわけです。

とは言え実際の推命となれば、この共通している部分の六類型に、どれだけのウエイトを割き、どんな意味や解釈をつけるのかは実にさまざまです。こう言う考え方や、解釈の違いがあるからこそ、占いには種類も流派もあります。

例えば、最もこの六類型を拠り所とする六星占術なら占いの名前にもなっているように、この六つの星人で分類する事がほぼ全てです。
あとはプラスマイナスと霊合星人があるくらいですから、土星人(+)とか、金星人(―)霊合とかの表記がほぼ判断の全てになりますが、四柱推命なら戌亥空亡、申酉空亡と言う要素を、分類上のグループ名や表記に欠かさず使うほど重要視している事は、まずありません。

各占術のうち、四柱推命はこの共通シンボルを考慮するウエイトは低めです。流派や人にもよるでしょうが、四柱推命では全体のバランスで見る方がほとんどで、この日干から来る空亡の要素を考慮する事は、他の占術に比べるとおおむね低く、中にはまったく考慮しない方もいます。

算命は、算命といえば天中殺で有名になってしまったくらいですから、当然天中殺の要素は重視します。が、実際には一日単位で命式(陰占、陽占、人体星図等)を出して、さまざまな見方で推命しますから、「天中殺ばかりで見ているわけではない=他もまた、軽視はしない」と言う意味では、相対的に天中殺の要素は、実はそれほど大きくありません。
天中殺を考慮しないわけではないのですが、それ以外の見方や技法が非常に多いので、割合としては世間で思われているほど「算命といえば天中殺ばかり」では無いんです。(天中殺のみを取り出して特化した書などを読めば、当然天中殺単位での性格や運気が書かれていますが。)

加えて算命は、どの算命も他のどんな占いよりも詳細な天中殺理論を持っていますから、むしろ普通その意味は限定されます。「戌亥天中殺の人物だから、性格はこうである。」とか「天中殺の時期だから、何もかも悪い。」と言うのは誤解で、ここまでストレートな判断は、まずどの算命でもしません。

万象学は、中々実態と言うか、全体像がつかみにくいんですが、本来は占いと言うイメージの占いではありません。中国で出来た学問や哲理の一つのようで、私はカウンセリングを学びに行っている時に、万象学の名前が出たので「おや?」と思いました。具体的にも抽象的にも、断片的にならさまざまなところで、文献、記述は見聞きするのですが、例によってコレが正しい…との確たる判断は、今のところちょっとしかねる感じです。
その中の占いと言うか分類法として、六十干支を元にした天中殺に当たる物があります。そのうち、ここでの分類は六甲法占星術(福武寛著・21世紀ブックス)を参考にさせていただき記述しましたが、これだと各類型の方向が、他と綺麗にズレているのが興味深いです。

0学と六星占術は、他の占いに比べて、この日干・六十干支による六類型を、ほぼそのまま使います。0学と六星占術は、骨子となる部分は極めて極めて似た物を持っている占いですが、0学は展開の段階で色々な占いの要素から、オリジナルの用語までを盛り込み、これまでのさまざまな占いの集大成のような一面を持っています。
六類型を奇数偶数でわけ、十二類型と十二の運気をフルに使った応用力や連想力の広さは、算命や気学のような印象があります。

六星占術が一番ストレートに、この六類型のシンボルをそのまま使って判断しています。とは言え日の六十干支を、天中殺・空亡単位で見るだけなら、単に十日で一まとめを六つ作り、あとはそれを機械的にぐるぐると回しているだけに過ぎません。
六星占術各書で語られているほど人の性格や相性、運気に直結させて考えられるのかと言えば、個人的には理論的にも現実的にも、さすがに巨大な無理があるかなっちゅー印象です(^^;;


個人的な研究ではありますが、名称等なにか不適切な場合がありましたらご一報下さいませ。
六十干支 四柱推命
(空亡)
算命
(天中殺)
六甲法
(万象)
0学 六星占術
1  甲子 (きのえね)
2  乙丑 (きのとうし)
3  丙寅 (ひのえとら)
4  丁卯 (ひのとう)
5  戊辰 (つちのえたつ)
6  己巳 (つちのとみ)
7  庚午 (かのえうま)
8  辛未 (かのとひつじ)
9  壬申 (みずのえさる)
10 癸酉 (みずのととり)
戌亥空亡 戌亥天中殺
(中央・土用)
10、11月
(北甲命) 土王星 土星人
11 甲戌 (きのえいぬ)
12 乙亥 (きのとい)
13 丙子 (ひのえね)
14 丁丑 (ひのとうし)
15 戊寅 (つちのえとら)
16 己卯 (つちのとう)
17 庚辰 (かのえたつ)
18 辛巳 (かのとみ)
19 壬午 (みずのえうま)
20 癸未 (みずのとひつじ)
申酉空亡 申酉天中殺
(西方・秋)
8、9月
地甲命 金王星 金星人
21 甲申 (きのえさる)
22 乙酉 (きのととり)
23 丙戌 (ひのえいぬ)
24 丁亥 (ひのとい)
25 戊子 (つちのえね)
26 己丑 (つちのとうし)
27 庚寅 (かのえとら)
28 辛卯 (かのとう)
29 壬辰 (みずのえたつ)
30 癸巳 (みずのとみ)
午未空亡 午未天中殺
(南方・夏)
6、7月
西甲命 火王星 火星人
31 甲午 (きのえうま)
32 乙未 (きのとひつじ)
33 丙申 (ひのえさる)
34 丁酉 (ひのととり)
35 戊戌 (つちのえいぬ)
36 己亥 (つちのとい)
37 庚子 (かのえね)
38 辛丑 (かのとうし)
39 壬寅 (みずのえとら)
40 癸卯 (みずのとう)
辰巳空亡 辰巳天中殺
(天上)
4、5月
南甲命 月王星 天王星人
41 甲辰 (きのえたつ)
42 乙巳 (きのとみ)
43 丙午 (ひのえうま)
44 丁未 (ひのとひつじ)
45 戊申 (つちのえさる)
46 己酉 (つちのととり)
47 庚戌 (かのえいぬ)
48 辛亥 (かのとい)
49 壬子 (みずのえね)
50 癸丑 (みずのとうし)
寅卯空亡 寅卯天中殺
(東方・春)
2、3月
天甲命 木王星 木星人
51 甲寅 (きのえとら)
52 乙卯 (きのとう)
53 丙辰 (ひのえたつ)
54 丁巳 (ひのとみ)
55 戊午 (つちのえうま)
56 己未 (つちのとひつじ)
57 庚申 (かのえさる)
58 辛酉 (かのととり)
59 壬戌 (みずのえいぬ)
60 癸亥 (みずのとい)
子丑空亡 子丑天中殺
(北方・冬)
12、1月
東甲命 水王星 水星人
TOP
ハートラウンジ ライトラウンジ 占い広場 リンクの街 掲示板類
お散歩用出口