×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ハートラウンジ ライトラウンジ 占い広場 リンクの街 掲示板類
東洋十二支・十二運系チャート
(四柱推命・算命学・0学・六星・動物占い)
 (お星様をクリックすると、フレームページの場合、フレームが外れます。)

占いに限らず、12を基準や、材料の基本単位にした物はとても多いですよね。

十干十二支(じゅっかんじゅうにし)などともいいますが、占いでは10(十干、10進法や10のシンボル)を空間の単位として、12(十二支、12進法や12のシンボル)を時間の単位としている事が多いようです。
(この時間と空間自体も置き換え可能と言うか、逆のパターンと言うかで、時間を空間に、空間を時間に対応させたり入れ換えたりも、占いによって考える事はあると思います。例えば西洋占星術から十干十二支を見る場合など、十干を時間に置き換えたりして考えたりしても、あてはまる気がして面白いです♪)

12で占いと言えば、ますは西洋占星術の12星座が思い浮かぶかもしれませんね。
東洋系では十干十二支を組み合わせて(10×12=60)、六十干支と言う、同じシンボル・時計・モノサシを使う事が多いですから、各占いで呼び名が違っていても、原型のシンボル自体は対応していたり、似たような意味になっている事も多いです。

一方で似てはいても、微妙に違ったり、解釈で変ってくるからこそ、各占いの性格も出れば種類もあるので、見比べると面白かったり興味深かったりします♪

同じ東洋系でも、部品単位の意味を重視する占術、場合もあれば、個々の部品そのもの以上に、それらの割合、バランスや、組み合わせで起こる作用のような意味に、重きをおく占術もあります。(占術によっては、その相互作用で、さらに別の部品が生まれると考えます。)


その中からまずは十二運について、直訳的に対応していると思われる物同士を、チャートにして上げていってみました。
(これ当然西洋系とも対応可能と考えますが、一度にそこまでやると煩雑なので、まずはイメージをあわせやすい、メジャーな東洋系だけをまとめてみました♪)

推命に慣れている方なら、偏見抜きの名詞として淡々と読めるでしょうが、始めての方が見たら「死、墓、絶」辺りの言葉(漢字一文字)って、思わずギョッとしちゃいますよね。

これについては算命では、「天極星」「天庫星」など、意味は上手に象徴されていますが、一見して怖そうな漢字は使っていません。

十二運を個人の類型に使う動物占いでは「ゾウ、ひつじ、ペガサス」と、ずっと可愛らしい名前に直していますが、運気として使っている六星占術では「陰影、停止、減退」の大殺界と、逆に怖さを強調するかのような演出で名前をつけています。

この辺は各占いの解釈や方向性で、演出名は変っちゃいますよね。動物占いで自分を調べて「大殺界陰影人」とかだったら、エラクショックを受けそうですし、反対に六星占術で、「今年はゾウさんね♪」「私はペガサスの年♪」では、全然怖そうに聞こえません(^^;;

あくまでも個人的な研究&印象ではありますが、名称等、何か、不適切な場合がありましたらご一報下さいませ。
季節 十二支 四柱推命
(十二運)
算命
(十二大従星)
0学 六星占術 動物占い
算命 天上聖母
算命

運命グラフ
十二運
12支配星

(木・東)
天報星 アルクトゥルス 開拓 木星 種子 おおかみ
天印星 スピカ 成長 海王星 緑生 こじか
長生 天貴星 アルデバラン 決定 月星 立花 サル

(火・南)
沐浴 天恍星 アルビレオ 健康 魚王星 健弱(小殺界) チータ
冠帯 天南星 南コロナ 人気 火星 達成 くろひょう
建禄 天禄星 ペテルギウス 浮気 冥王星 乱気(中殺界) ライオン

(金・秋)
帝旺 天将星 ラス・アルゲティ 再開 金星 再会 とら
天堂星 リゲル 経済 小王星 財政 たぬき
天胡星 ボルックス 充実 土星 安定 コアラ

(水・冬)
天極星 カストル 背信 天王星 陰影(大殺界) ゾウ
天庫星 アケルナル 0地点 水星 停止(大殺界) ひつじ
天馳星 デネブ 清算 氷王星 減退(大殺界) ペガサス
TOP
ハートラウンジ ライトラウンジ 占い広場 リンクの街 掲示板類
お散歩用出口