×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ハートラウンジ ライトラウンジ 占い広場 リンクの街 掲示板類

☆ 2-21 ☆

大殺界って当たるの?
大殺界って本当?



A、ハートランドなら…

検証不可能と言うのが、
むしろ公平な、立場かもしれませんが…


個人的には、事実上
当たるわけではない

と、考えます。


御存知の方も多いと思いますが、大殺界と言うのは、
細木数子さんの六星占術で、運気が悪いとされている期間の事で、
12年中の3年、12ヶ月中の3ヶ月、12日中の3日が、
大殺界に当たります。

細木さんは占い師さん
(では無いのかも、知れませんが…)としては、
今、日本で一番有名な人と言っても、過言では無いでしょうし、
本も占いも、あんなに有名なんだから、
きっと当たるのだろうな…と思っている方も、
たくさんいらっしゃると思います。


占いって、口調やニュアンスでも、だいぶ変りますから、
厳密な当たり外れを検証するって、結構難しいですよね。
当然主観も、多々入るでしょう。


この六星占術=細木さんの主張と言うのが、
本や時代で、相当変っているように思うので、
公平に考えたら、むしろ、
「当たり外れの、検証自体が出来ない。」
と言うのが、本当のところかも知れません。


ところがこの、認知度が高くて、影響力を持った細木さんが、
六星占術は、科学だ、統計学だ、高い的中率だ、
みたいな発言をされるので、
大殺界を始めとする、悪い結果や予言のような物まで、
占いをあまり知らない方は、真に受けて、
「本当に当たっちゃうの?」
と、心配されるようです。

一方で、悪い事があると、
「大殺界が当たった!」
と思っちゃう方も、多いようです。




肯定・否定、当たった・外れた、と言う前に、
そもそも六星占術で、大殺界をどう言っているか、
どれだけの人が本当に、御存知でしょう?


これまでにも何回も、六星関係の御相談も受けましたが、
ほとんどの方は、大殺界の期間中、
「いつもより悪い。」「悪い事があった。」
こう言う事で、当たり判定をしているようです。

でもですね、例えば原典に当たる「六星占術入門」を読む限り、

とてもそんな、レベルじゃないです。


以下、太字も原典通り、引用しますよ。


<陰影>
冬がやって来ました。一切の運気が衰えはじめます。大殺界です。ここでは一切のことがうまくいかなくなります。人にだまされ、自分も人をだまし、自分が自分でなくなります。この時期に判断したり、決断したりしたことはすべて錯覚にすぎません。仕事運、愛情運、家庭運はないも同然です。

<停止>
大殺界のどまん中、すべてが空回りに終わり、八方ふさがりの状態となります。仕事も、ここで新たな成果は期待できません。過去の遺産を食いつぶして生きていくことになります。転職はタブーですが、不思議とこの時期に仕事をやめたくなるものです。愛情面はトラブルだらけ、離婚の危機も訪れます。金銭運もゼロです。この時期は何もせず、ただおとなしく耐え忍ぶことです。

<減退>
大殺界最後の年です。この時期さえ耐え抜けば、再び春がめぐってきます。じっと我慢してください。身内や知人の不幸が相つぎます。時には自分の生命も危険になります。現状を維持して動かないで下さい。職業も変わりたくて仕方がないときです。しかし、ここで動くと決定的な敗北になります。愛情運は最悪です。金銭的には身につけてたものをゼロにしてください。ここ金銭を惜しんでいると運気はマイナスになり、翌年訪れる<種子>の運気までそこなわれます。
「運命を読む 六星占術入門」 細木数子 ごま書房

すげぇ!

って、茶化しちゃっちゃ、好きな方・信じている方には、
申し訳無いかも知れませんが、これ、
本当に当たってますか?

これってものすごく「具体的で絶対的」です。


12年中3年間が、悪い年だった、
失業や転職、離婚があった、病気になった、
こう言う人なら、結構いると思います。

これがまったく無いって方も、まず少数派だと思いますから、
(=12年中の特定3年間のみ、悪い事が何も起こらない。)
これをもってして「当たり」とするなら、
当然、当たる確率は高いでしょう。

でもね…


大殺界が当たっていたって、思われていた方。
本当に上記、全部当てはまっていましたか?

当てはまっていた事が、毎回毎回、
12年中3年、12ヶ月中3ヶ月に、明らかに偏って来て、
御家族もお友達も、みなさんそうでしたか?

天中殺六類型や、十二運の、
概念・理論を持っていると言うだけなら、
そう言う占いは、東洋占術にはいくつもあります。

六星占術が独特なのは、その十二運の解釈が、
上記のように、極端だと言う事です。


未来や結果は、原因全てで(すべてが原因になって)決まると、
私は思っています。
その中には、科学や経験などでわかる原因もあれば、
わからないもの、部分もあります。


私が占いが有効だと思えるのは、
結果や未来を考える時に、科学や経験ではわからない部分の、
原因を考える事が出来る、ヒントになる、
一助になると思うからです。

私が命術が有効だと思えるのは、
情報が相対的だからです。
相対的だから洋の東西や、古今を問わずに、
参考にしたり考えたり、ヒントにしたり出来ます。
ただ、情報が相対的だと言う事は、
言い換えれば、具体的な情報の初期入力をした上で、
文化、慣習、宗教、民族などの、色々な補正をかけないと、
具体的な吉凶・良い悪い・どうなる?は、
わからないと言う事にもなります。


私にとって細木さんのお話しが、納得度が低いのは、
六つ(十二)の星人と、十二の運気と言う、
割りと大雑把で、デジタルな区分けにもかかわらず、
このたった一つの原因・類型で、上記のあれだけの結果を、
(例外無しに)断言しちゃっている点
なんです。


このサイトでは何度も
「占いでわかる事は、担当範囲の原因」
と、お話しして来ました。

原因の一つだから、それが毎回、
結果に直結するわけでもありません。

また、自分の占いでは、
「視点と、座標系を考えて、相対的に…
(良いとか悪いとかは、誰や、どの観点から見て、
どう言う意味で、場所と時間はどう区切るのかを考えて)

と言うお話しを、良くするんですが、
上記の文章は、視点や座標系が良くわからないんです。


ところが大殺界=上の文章って、落ち着いて読んで行くと、
(わからないまま、)「具体的で絶対的で、断言系の記述」で、
「結果まで」言っています。

原因に当たる事、結果に当たる事、
不可抗力の部分、自分の意思でコントロール出来るはずの部分、
他人がいて始めて成り立つ事、他人と共有して成り立つ事、
こうしなさい、こうしないといけないと言う指示。

以上全部の事が、渾然一体で語られています。

自分の意思でコントロールできるはずの部分まで、
何で断言されちゃうんでしょう?



細木さんは、中庸や平凡、穏やかよりは、
良いも悪いも両極端で、出入りが激しい
(…方に価値を感じる、…人生を好む)
のが、お好きに思えます。

正確で厳密、高的中率の文章と言うよりは、
御本人が強調したい、主観の文章でしょう。

嘘…と言えば言葉は悪いですが、
明らかにオーバー表現でしょう。

事実と考えたら、成り立たない、両立しないはずの事まで、
内包している文章に、思えるからです。

だからこそ変に真に受けて、神経質に考えなくても、
「こんな極端な、意見もあるんだなあ」
くらいに、割り引いて受け止めて、良いと思うんです。



「本当に大殺界でも、不幸になってしまうわけでは無いんですか?
新しい事も始めては、いけないのでは、ないですか?」

「大殺界だからって、必ず不幸になるわけではありません。
幸せにもなれます。新しい事も始めて良いんです。」

「細木先生の本には、必ず不幸を招くと書いてありました。
細木先生が言ってもですか?」

「例え細木先生が言ってもですっ!」



それでも

「でもやっぱり、少しは当たるんじゃ…?」
「当たったって、言っている人もいるし…」
「あれだけ本も売れて、TVにも出るって事は本当では?」

と、不安な方は、引き続き

もし大殺界が本当なら…

こちらをどうぞ♪



「運命を読む 六星占術入門」 細木数子 ごま書房
「六星占術による 相性運入門」 細木数子 ごま書房
「大殺界の乗りきり方」 細木数子 祥伝社

TOP
ハートラウンジ ライトラウンジ 占い広場 リンクの街 掲示板類
お散歩用出口