×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 2-7 ☆

命術でわからない事は?



A、ハートランドなら…

(一言で言っちゃえば)

ぶっちゃけ、
結果はわからない。
と、考えます。


細かく言い出したらキリ無いので、
包括的、総括的に一言で言っちゃったら、以上
…ですね

命、卜、相は、技術的には
(と、言う表現が一番適切かどうかは、また微妙かもしれませんが)
確かに別物です。

その一方でまた、共通した要素や
考え方のような部分も、またあると思います。

卜占では多くの場合、触期と言う物を大切に考えます。
この時にふと思った、この時、この時間に、
こちらの方角にどれだけ移動した、と、言う事ですね。

これに意味がある。触期によって影響が出る、
また、そもそも原因であるとする、考え方です。

直接は占いとイコールじゃないかもしれませんが、
これは因果律の考え方に通じます。
原因があって、結果が起きるという、
ある種当たり前の発想です。

で、この"発想そのもの"は命でもあるわけですよね。

"生まれた"事が、その方の
人生の、触期になっているというわけです。
この時、この時間に生まれたのなら、
こう言う影響、傾向、流れを持っているのではないか?

遺伝子の時空版みたいな発想、ともいえると思います。

ただそうなると"触期が多大な影響を、与えていたとしても
"それで全て、結果が決まって見えるのかといえば、
それ以降には人の自由意志が介在するわけですから、
誕生の、触期だけで全てお見通し…
と、言うわけにはいかないでしょう。

なぜならその人の人生において、
"ありとあらゆる形で、今もその後も
"触期は起こり続けて行く
から"です。

影響が多大と言う事は、逆に言えば割合のお話です。
結果が100%決定とか、原因と結果が一対一で決定ではありません。
それなら卜も相もいらない事になります。

別に"誕生"と言う触期を経た後は、
外界を遮断して、実験室内で過ごすわけではありません。

そしてその、人生の中で
"ありとあらゆる形で、起こり続けて行く触期"は
本人の自由意志で、コントロールできる部分も
たくさんあるわけです。

言い換えれば、ご本人が自由意志でコントロール出来る、

現在以降のさまざまな触期の、
コンサルティングを、するお仕事が占い師さん
だとも言えるでしょう。


ここから先は、占い師さんのタイプによっても、
コントロールの仕方や発想は、分かれて来るでしょう。

命をより重視して、最初の影響、文字通り“命”の流れの中に、
よりよい生き方や、幸福を見つけようとすれば、
推命家や鑑定型の占い師さんになり、

ご本人の望む方向に、命以外の影響力をぶつけたり、
枠を広げるような、発想を重視するなら、
いわゆる開運型の、占い師さんになります。


実際は、よりどちらを重んじるかの、ウエイトのお話で、
どっちかだけで、もう一つを完全に、度外視するような占い師さんは
少数派だとは思いますが…

その人の一生の中で、
"誕生"と言う"触期"が一番大きな触期であり、
その事実自体は、変わらないのは当然です。

だからこそ、それを材料としてアプローチする占い師さん、
推命家の方は、生年月日時をとても大切にします。

ただそれだけで…、一つの命だけで
その後、何をやっても、やらなくても
「行き着く結果が、全て同じになる
ような、印象を持たれるのだとしたら、
逆に触期の理論上は、むしろおかしい事になるはずだと、思います。

ま、「流れも見える、力関係もわかる。
事実上、ほぼ決まっている、断言してもかまわない」
と言うような事は、普通に考えて
日常的にもたくさんあるでしょう。

そういう類の断言なら、まあまあわかります♪

毎日何の準備もしないで、試験に臨んで
「でもまあさあ、何か奇跡でもおきて、
満点取れる事だって、絶対ないとは言えないしさあ?」

とか言って来たら、親しい友達なら
「いいやっ、絶っっっっ対無い!お前人生ナメてるっ!
くらい言うでしょうし、

何もしないでゴロゴロしていて、
「よーし、今月こそダイエットして○キロやせるぞ!」
と、言いながらも、すぐにまた横になって
お菓子をモリモリと、ほおばりながら
ビールをグイグイと、あおりながら、
「まあ、明日からにしよう。明日から。
明日からはやせるぞーっ…たぶん…。」

とか言っていたら
「あ、西から上った太陽が東に沈む事があっても
今月中にダイエットは、絶対無理…^^;;」

と、思わずもらす事もあるでしょう。

だから占い師さんも、仲良くなって来たら、
お友達みたいなノリで、上記のような
「あえて奮起を促すような、意味まで含めて」
断言すると言う事は、あるかもしれません。

そうでなくとも、その先生のカラーとして、
断言型の先生もいらっしゃるでしょう。

が、いずれにせよ「結果断言」なら、
それはまず命の占断上の結果よりも、
命の占断を踏まえたうえでの、
その占い師さんなりの、ご意見、アドバイスでしょう。


本当は一番大きい最初のイベント以外にも、
むしろ個人の感情に関係なく、不公平無く、

触期、事象は起こり続けているはず…。
常時、新しい影響は、受け続けていくはず…。

すでに過ぎ去って、起こって
終わってしまった触期以外の
未来の分は、一人一人が
選択権を持っているはずですから♪




戻ります