×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 2-13、 生年月日で何かがわかるのではなく
決まっている運命の方を、生年月日で読むのだ!
(生年月日とは、実は同じ運命の人が
同じ時を選んで、生まれて来ている!)
これは本当?どういう意味? ☆



A、ハートランドなら…
私の方が聞きたいッス
(^^;;



たまに耳にする主張?です。
いやまあ…なんとなーくは
わかるような、気もするような、気はするような…^^;;

でもイマイチ、意味がわからないです。
なんでしょうねえ?これ?

こう言う運を持った方々が、特定の時間帯におぎゃっと生まれて、
次には別のこう言う運を持った方々が、またまた集中的に同じ時間を選んで、
おぎゃおぎゃおぎゃっと生まれて来る

…と、いう事でしょうか?
(自分で書いてて、モーレツに失礼な書き方になってる気もするけど
どう書いていいんだか、わかんないや(^^;;)


どっちが原因で、どっちが結果みたいなお話かなあ…?
とも思ったんですが、その違いがわからなくては、
なんだか頭が、とろけてしまいそうです。
その上で仮に一対一で対応していると言う主張なら、
同じような物の気もするしねえ?


Aと言う時間に生まれた100人の人が、
みんな共通項のある、何かを持っているのではなくて、
共通項のある運命を持っている人は、100人ともが同じ
Aと言う時間を選んで?生まれてくるのだ 
…と言うような主張かなあ?

ことさら否定はしませんが、ピンと来ないと言うのが正直なところです。
ちょっと確かめようも無いような気もするし。

ただこれまでにも書いてきましたが、少なくともうちでは
命術ってそこまで?点で点を知る手段じゃない
と思うんですよね。

例えば牡羊座の期間に生まれた人だから、こう言う性格〜!
じゃあなくて、こう言う傾向のある人を、区切った単位が牡羊座の期間。

徐々に変わっていく物だと思うんです。

中にはもう、1分単位で生時を突き詰めて、占断される方もいらっしゃいますが、
例えば1分違ったとしても、それはほとんど「0〜100」が「1〜101」にズレる様な物
イキナリ「200〜300」にシフトしたり、するような物じゃ無いと思います。
そんなに違いますかねえ?

単純に考えて、夏に生まれた人と冬に生まれた人って、
やっぱり違う要素見たいな物って、あると思うんですよね。
生まれて最初の半年に夏が巡るか、冬が巡るか…
また生まれたその時間の、月齢や位置などでも、何か影響はありそうです。
占いをものすごく神がかった方向から、胡散臭いイメージで見ちゃう方なら
そう言う部分の集大成が、ある種命術になった…と考えたら、
ちょっとは入って、行き易いんじゃないかなって思うんです。

でもそれなら、一分二分の違いで目の色変えたり、
何かの意思か何か?で宿命的に生まれた時間を、
選んで生まれて来るって言うのは、どうなのかなあ…


全ての人が、時間を選んで生まれたのなら、一分単位でも
何か大いなる意思の“意味”がある事になるのかも知れませんが…

否定はしません。
そう言うケースもある…と言うくらいの意味でなら、
これは大いにそう考えられそうな、場合もありそうです。

ただ、私だったら…そうだなあ
そう言う人、事“も”絶対にないとは言いませんが、
普通の人なら、命でのそれだけの違い、意味で大騒ぎするくらいなら、
後天的な境遇や経験の方が、ずっと影響あると思いますし、
重視するべきだと思うかなあ。

そもそも出産日って早くなったり遅くなったり、
実はいまどきは、故意のいろいろな都合でも、早めたり遅めたり…
産婦人科の方の裏話や、お母さんのお話を聞くほどに
現実の生時の方が、
そんなに自然出産の上に正確にわかっている物ばかり
じゃないです。

まさか陣痛促進とか帝王切開まで、宿命のうちだったんでしょうか??
その意味でも、あんまり極端な、生時絶対主義みたいなのはどうかなあ
なんていう風には思うんですが。
(あ、赤ちゃんがお母さんを選んで、生まれてくるとか言う方が
私的にはなんとなく、ピン♪と来ますねーo(^▽^o)





戻ります