×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 1-8、占いはどうやって使うの? ☆

A、ハートランドなら…
占いは情報ですから、
何か知りたい事、
使いたい事が出来た時に
情報として用います♪

と、考えます。


例えば「今年の運気、運勢が見たいな?」と思ったり
「彼との相性を知りたいな?」思ったら
命占の西洋占星術や四柱推命などで見たり

「彼の考えている事、気持ちをちょっと知ってみたいな?」
と思ったらタロットをやってみたり、

「引越しして、部屋も新しくなるので…」
というのなら、風水や気学、家相、奇門遁甲で見たり

「何だかこのペンネームにしてから、上手く行かないぞ?」
と言う時に、姓名判断や数秘術で見てみたり。


欲しい目的にあった占術を使って、その情報を得ます。


人生の色々な場面、いろいろな時に、色々な事をする…
それをしていくのには、いろいろな材料や
条件が必要だったり、大事だったりします。

がんばるための、健康が必要な時もあれば
お金が必要な時もあるでしょう。
人脈や、人間関係が有効な時もあれば、
恋人家族の支えって言う時や人もあるでしょう。


占いはそのうちの「情報」と言う力になります。

情報ですから、それは時には
他の色々な事を、根こそぎひっくり返してしまうくらいの、
魔法のような、大きな力にもなりますが、
普通は大人しくて、穏やかなものですし、
なにより情報ですから
「使って始めて」力になります。

情報として、入手しただけでは
何も変わっていません。

あなたの行動の、賢い選択肢やヒント、
視野を広げる道具として使ってこそ
占いは大きな力になると思います。


占い結果+ご本人の考え、行動でしょう。




戻ります