×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 1-4、占いが当たったように思えるのは
バーナム効果じゃないんですか? ☆


A、ハートランドなら…
いいえ。
と、考えます。


バーナム効果と言うのは
「誰にでも当てはまるような、どうとでも取れる事」
占いと称して言って、相手に占いが当たったと思わせる
テクニックのような物、効果です。


例えば
「あなたは優しいが、気が強いところもある。」
「あなたは明るいが、時々深く落ち込んだりもする…」
「あなたには本当は、とても深い悩みがある。」

みたいな調子ですね。


確信犯の悪意でこれをやっている人がいたとしたら、
そもそもその人は占い師さんでは無く
バーナム効果詐欺師…と言う事になります(笑)

そういう人が一人もいないなどとは思いませんから、
「そういう人、そういうケースもある」と言う意味では、
これは大いにイエスです。
占いがバーナム効果なのではなくて、
バーナム効果を使って占いと称する人もいる…
ですね?


が、もしも占いに懐疑的な方が
「だから占いなんて、ど〜せみ〜んなバーナム効果」
と、
これのみで全ての占いを説明出来る
と、考えていたとしたらどうでしょう?


例えばその場合は、当然こうなります。

「バーナム効果のスキルだけ学べば、占い師さんが出来る事になる。」

出来るでしょうか?

例えば占いとひとくくりにされても
西洋占星術と四柱推命、タロット、人相、風水…
みんなそれぞれ、別のスキルでしょう。


本当に占いの全てがバーナム効果なら、
例えば百人が試みれば、ほぼ百人ともが出来る
やれちゃえるはず…と言う事になります。

百人が試みて何人かはボロを出さずに結構続いてるよ〜
こう言うのはあるかもしれませんが、少なくとも
百人全員がバレずに、バーナム効果のみで
こっちでは四柱推命、こっちでは風水で
占い師と称して続けられている

…これは無理でしょう。


どんな占いでも、ある程度以上
きちんとしたセッションを持つのならば、
当然専門的な知識や道具、やり取りと言う物が出てきます。

例えばここで
「彼はおひつじ座なんですが…」
と言われたとしたら、どう答えるのでしょう?
「彼は優しいが、気が強いところもあり…」
でしょうか?

タロットで「魔術師」が出たら、
なんとお話しするのでしょう?
「状況は良いようでもあるが、危険性もあり…」
でしょうか?

これだと百歩譲って、
自分からしゃべってるうちは、まだ良いとしても
クライアントさんから質問された場合
どうするのでしょうか?まさか


「今月末から来月に、こことここのどっちかのお部屋に
引っ越す予定なんですが…」
「今月が良いようでもあり、来月もまた悪いとも言いがたく
どちらのお部屋も、そこそこよろしい気がしないでも
なきにしもあらずんば…」

でしょうか?

「これって死神のカードですよね?
彼のところが死神ってどういう意味何でしょうか?」
「お気の毒ですが彼は
お亡くなりになっているようでもあり…」

でしょうか?

どう聞いても、コレ
普通にウルトラ怪しい
です…。



ちなみに私の実感では、
まったくバーナム効果では無いです。

私自身は心理占星術、タロット、風水などが中心で、
伝える時にはカウンセリングの視点からお話しする事が多いので、
そもそも「当て物的な占い」には、まずなりません。

そうなるとバーナム効果どころか、
クライアントさんの方のお話で
「じゃあやっぱりこうなっているって事ですよね?」
と、反対にこちらが、確認させられるような
ケースが多いんです。

これはうちが占いカウンセリング…と言う、
純粋な占いから見たら、ちょっと変わった手法で
やっているからかも知れませんが、
自分自身も占ってもらう事が好きで、
時々見てもらったりする時、信頼出来る占い師さんなら、
やっぱりハッタリ的な意味での当て物…はされなくても、
少なくともバーナム効果で説明がつくような
「どうとでも取れる説明ばかり」
なんて事は無いです。

こう言うものって、仮に相手が確信犯で
騙すつもりでしゃべっていても、
騙せるか騙されないかの、次元でのやり取りなら、
一度でも「?」と言う視点を持てて、客観視できれば、
それからは、そうそう丸め込まれない物でしょう。


大体占いで、びっくりする時と言うのは
「どうとでも取れない、はずの事を言われたので…」
驚くわけです。

「占ってもらったら、どうとでも取れる事ばっかり言われて…
やっぱり占いって、バーナム効果使ってるだけのインチキ〜」

と、思うような事があった時は、
それはそのまんま、ただ単に、
「占い師さんでは無くて、
占い師さんを名乗るだけの、バーナム効果を使っている人」

に出くわしちゃった、と言う場合でしょう。

ご自身でも、体験談でも占いが、いわゆる
「当たった」場合の内容について、客観視してみて下さい。

あるいはそれこそ、占いの源流たる、
各地、各時代の神事や行事、思想、
考えなどに触れてみればわかると思います。

古今東西、世界各地の占いの類が、
全てバーナム効果の一言で、納得が行くようなら、

とっくにもうそれで、結論が出ていませんか?

そういう人がいないとは言いませんが、(実際多いでしょう。)
それが全て…と思われちゃうのはどうでしょう?

少なくとも私の周りや、知ってる占い師さんは、
およそバーナム効果使いなどでは無いと思いますが…


戻ります