×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 1-20、私には大きな、悩みがあり、
毎日とても、心配で不安です。
そんな時は占いをすれば
大丈夫でしょうか? ☆


A、ハートランドなら…

実は
必ずしもそうとも言えない。
本当はむしろ逆。


そう言う心理状態の時に占いをするのは
とても危険
な、可能性も、はらんでる。
と、考えます。



比喩的な意味で占いで悩みを解消する、
また、結果的に悩みが解消出来た。
こう言う事は、あります。

またハートランドでも、別のところでは言っているように、
占いを活用して、悩みや不安を解消する方法や
使い方は大いにあります。


が、
これはあくまでも
こう考えて、こう言う意味で活用すれば…の、
気持ちのような物まで含めての、
使い方(と言うよりも、使う時の考え方)に、左右される部分
が、多大にあります。

実は今の多くの占いは、
(特に占術と言う、戦術に限って言えば、より)
不安や悩みの解消と言う、
人の気持ちの内面を、
直接担当するためにある物ではありません。



これは私の勝手な印象もありますが…
たぶん占いがもう少しマイナー(?)で、
お師匠さんについたりして、一人一人
じっくり学んでいる方の割合が、多いような時代の占いは、
そう言う側面も、大きかったのではと思います。

そう言う事まで総合的、包括的に含めて「占い」ですよね。
占って、その後アドバイスをされたり、疑問には答えたり
心の闇や迷いが、少しでも減るようにと…
一般の方が占い師さんに求める物やイメージも、
どこか占いの技術、占術以上に人生経験豊かな人格者…
頼れる方のアドバイス…のようなイメージも
あったかのも知れません。


ところが今は、ネットも本も非常に開けて、
占いの技術論、各論部分については、
実に身近に、手軽に学べるようになりました。

細分化されたうちの、技術論の部分では
西洋占星術では、こう見ます、
四柱推命とは、こう言う占いです、
タロットの意味は、こうです。

いくらでも検索は出来ます。

情報を広く、多くの方が、共有できるようになる事自体は
もちろん別に、悪い事では無いと思います。

占い師さんには資格は要りませんから、一通りこう言う形で学ばれて
占い師さんとして活動なさっている方も、いらっしゃると思います。


ただ、これまでにも何回か、形を変えてあちこちでお話しもし、
そうでない占い師さんも、たくさんいらっしゃるのは
これは私も重々わかって、知っているのですが…

問題点があるとすれば、情報の一部分だけが、
突出してしまう事だと思います。

つまり情報に直してやすく、勉強、共有しやすい、
デジタルな部分はよくても、そうで無い部分、
ネットや本では伝えにくい、ニュアンスや
考え方のような部分は、どうしても不明瞭になりやすく、
方法論の部分だけが、より一人歩きしちゃっているケースが、
あると思うんです。
(方法論だけでも身近になったと思えば、良いのかもしれませんし、
媒体を思えば、仕方のない事でしょうが…)


今、俗に占い・占うとだけ言えば、
より吉凶、良い悪いを判断する、鑑定の部分でしょう。

占いと言うと、なんとな〜く、未知の手段や、助けてくれる
解決法を渡してもらえるような、イメージがあるかも知れませんが、
こう考えれば、一方ではそう言う、
アドバイスや挽回法、気持ちのフォロー面などは
直接の占い部分では、あまり無いと言う事になります。
どちらが良い悪いではなくて、より一般的な認識で言えばですね?

この温度差が起きれば、それはそのまま
期待した物を返してもらえない…と言う事になります。


「不安や心配、悩みを少しでも解決、軽くしたかったのに」
占った結果はもっと悪くて、さらに悩みや不安は増えてしまった…

方法だけはわかるので、占う事は出来たけれども、
結果が悪いとなった時に、さてどうしたら良いのかわからない…。


占いと言うのは情報だと思いますから、その結果それ自体は無色透明で、
直接あなたを、元気付けてくれるわけでもなければ
不安を減らしてくれるわけでもありません。

最もシンプルな場合、占いと言うのは「鑑定結果」と言う
情報を渡してもらうだけです。
あくまでもそれ自体は情報であり、直接の安心感の類ではありません。


例えば「良い結果を聞いて、安心したい…」と、
安心出来るかどうかが、結果次第
だというのならば、それはそのまま
結果によってはさらに不安になりかねない
→結果次第で安心できるか、
さらに不安になるかが、変わってしまう事になります。


結果次第ではさらに不安…などと言う時には、
占いはむしろ待った!の方が無難だと思います。



いわゆるサービスのような形で、占い師さんが相談に乗ってくださったり、
アドバイスを下さったりと言うのはあるでしょうが、
今は「占い」と言えば、より一般的には「占術」の方でしょう。

こちらが活用してナンボの、情報であるはずの占い…

その占いに気持ち委ねるのは
とても危険な一面を含んでいると思います。


占いや占い師さんのタイプにもよるでしょうが、
より直接的、積極的に
(という言い方も、必ずしも適切では無いかもしれませんが、)
悩みや不安、心配を解決する、人の気持ちを扱うジャンルは
どちらかと言えば占いよりも、
メンタルヘルス、カウンセリング等の
心理学の方、だと思います。


あるいは占いと言っても、吉凶判断の技術論の類ではなく
その背景にある、考え方のような部分と思います。




戻ります