×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 1-6、本当の生年月日と、
登録上、戸籍の上などでの
生年月日が違う場合は、
どっちで見たら良いの? ☆

A、ハートランドなら…
わかる限り、本当の生年月日時で見ます。
と、考えます。


これについては両方の考え方があると思います。
例によって、どちらも否定はしません。

がっ、うちなら、わかる限りは、まず本当の生年月日時で見ます。

(ちなみにうちの母が、本来太陽星座が双子座、
でも戸籍上は蟹座で、まさにこれに当たります。)

洋の東西や占術の別があっても、
命術の場合、考え方的には当然、
本来の生年月日時が命でしょう。やっぱり。

ただ戸籍上や、
「お前はこうだよ。」
と言われて、教えられて、あるいは思い込まされて育ってきた。
学校でも会社でもそれで通してやっている…
別の生年月日時があるのならば
それはそれで影響はあると思います。


場合、ウエイトによっては、本来の命以上かもしれませんが、
それは「もう一つの命」と言うよりは
後天的に加えられた"相"のようなイメージだと思います。

このへんは面白い…と言っては失礼かも知れませんが、
とても興味深くて、参考になります。

私が見ている限り、やっぱりご本人も、周りも
それで通して、そう思い込んでいる…
ような場合は、そっちの影響も被って来るように思います。





戻ります