×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


☆ 1-0 ☆
占いって何?


A、ハートランドなら…
情報です。

と、考えます。


占いと言うと、今でも

薄暗いテントや小屋の、妖しげな雰囲気の中
ヴェールで顔を隠した女性占い師さんが、水晶玉を前にして…とか

黒マントの肩にカラスやらハト
(は、無いか?)やら、とまらせた
お兄さんが鮮やかに、カードを切って行って…とか

いかめしい気難しそうな、長いお髭で和服のおじいさんが、
咳払いとともに筮竹をジャラジャラ…とか



何かそんなイメージが、あるかもですが、
こう言う演出、フレーバー部分はおいといて
じゃあそれで結局、何をやっているの?
と言えば、情報を引き出しているわけでしょう。


広辞苑だと 占う、で、
「吉凶や未来を易で判断する事」とあります。

諸説は限りなくありますが、最初は個人を見る物ではなく、
農作物の出来などを予測するために、星の位置と関連付けた物…
亀の甲羅火であぶったりした物…
などが、本当のところのようです。

それだけより多くの人の運命を左右する、
大事なものだからこそ、それをちゃんと見るために
発達していった技術…でしょう。

それがその技術、理論を応用して、次第に多くの人の運命を握る
今度は国王、国家元首や国家権力者。
さらに一人一人の人にまで応用して行って
現在は個人単位で、より良く生きれる、幸せになれる
そのための知恵、手法として確立されて行ったのだと思います。

なんせ途中は、かなりファジーで渾然一体でして、
今で言う天文学や科学、医学なんかも含んでいました。
もちろん反対に、霊や魔術的な部分もあったでしょう。
専門的な側面も、包括的な側面もあります。


普通は未来を見るわけでしょうが、例えば現在知らない事、
彼の様子や気持ちなどを見る時にも「占う」と言いますし、
タロットなどでは過去も出しますよね。

他にも道具を使う使わないや、西洋と東洋などでの
厳密な定義は千差万別かもしれませんが、

あくまでもハートランド的には…で、お答えするなら
占いについてや、ミルキーウエイでもお話しているように
情報です。


いろんな使い方が出来るでしょうが、
全部ひっくるめて、あえて割り切って言っちゃうなら
予測、分析、調査、推理、推測、予見…
そういうさまざまな

情報です。

ただその情報の「出し方」が、
現在の科学で証明されている、
既知の方法にとらわれてない
…と言うだけです。

これが確かに大きいのかもしれませんが、
そう言う事をおいておけば、あくまでも情報
そう考えれば特別、恐ろしい物でも、
不安に思わなきゃ、いけないものでも無いです…よね?


情報なんですから、
情報の方に振り回されちゃうんじゃなくて、
上手に情報を使っていきたいですよね♪




戻ります
あなたの全てを占います